小さい秋見つけた

10月に入っても暑い日が続いていたので、森へ涼みに行きました♪

 

きれいに色づいたマユミの実

母が好きな木です。


 

森林公園近くの木々は、もうわずかに紅葉していました!

我が家との気温差5度・・・肌寒いくらいでした。

さすが奥津。。

 

そして森はやっぱり空気が違う。

植物たちの息遣いを感じながら、フィトンチッドを胸いっぱいに吸い込みます。

 

 

ノアたんも一緒にお散歩。

苔の生えた切り株と♪

 

かわいすぎて萌え〜〜(犬親ばか)

 

 

見て!この写真!!

 

苔の中から小さな芽が!!

 

苔が大好きなのでよく写真を撮るのですが

こういう写真が撮れると、ほんとテンションが上がります!!

 

かわいすぎて萌え〜〜(苔オタ)

 

 

いつの間にか季節は進んでいるんですね。

そして「今」は良くても悪くても、人生にたった一度きり。

 

小さな秋に小さな幸せを見つけた日でした。

学びの旅 〜香川〜

香川大学医学部祭の医療講演会へ行ってきました!

かわいい甥っ子が頑張っているのですよ♪

 

甥っ子にはちょっとしか会えなかったけど、元気そうで何より☆

今度はもっとゆっくり会って、医学部ならではのレアな話を色々聞きたいな〜と思ってます。


 

<写真は屋島にて>

 

せっかくなので、講演会のお話をちょっと。

 

今回お話をして下さったドクターは、あのドラマ「コード・ブルー」の医療監修をされている先生。

救命救急一筋でやってこられた方です。

 

ドクターヘリの普及に尽力されて、その必要性などもお話をして下さいました。

その中で印象に残ったことをいくつか。

 

まず、10代20代の死因の1位が「外傷」であるということ。

にも関わらず、例えば「外傷科」があるわけでもなく、言わば無視され続けてきた疾患であると。

そして救命救急が整っていなかった時代には、病院へ担ぎこまれても、ただ亡くなっていく、、という連続だったそうです。

 

そこで、どうしたらひとつでも多くの命を救うことができるのか

適切な処置を施せば助かると推定される外傷死亡(PTD, preventable trauma deathという)を減らす取り組みが始まったそうです。

 

親としては、子どもの死因が「外傷」であることに、今更ながらに驚いてしまいました。

今まできちんと意識してこなかったなぁと反省、、、。

だって、それは親が防げることがあるかもしれないからです。

 

そしてドクターヘリの一番のメリットは「医師をデリバリーできること」だそうです。

救命救急の現場で診断・治療が出来ること。

リアルな画像も見ましたが、ほんとうに息を呑むような現場でした。

 

個人的にはガッキーや山ピーのお話、どうやってドラマが作られていくか。。。というお話が

すごい面白かったです(笑)

 

 

お勉強のあとはやっぱこれでしょ!うど〜〜ん!

 

そして以前から行きたかった栗林公園へ。

 

ひとことで言えば、松の公園なんですね!知らなかった・・・

後楽園とはまた違った風情がありました♪

 

 

香川も、近いようでなかなか行けないので

今回誘ってくれた妹に感謝!

 

またぷち旅に出かけてゆきたいと思います♪

手作りの楽しみ

食欲の秋!

お友達のおうちで、パンレッスンしてもらいました♪

 

 

作ったのはカレーパンと、サラダケーキと、黒ゴマババロア♪

 

(・・・正直に書きます。作ったのはパンだけ・・・あとはほぼ、眺めていました笑)


 

まずは中に入れるカレーから。

水は入れずに、お野菜から出る水分だけで、と〜ってもまろやかなおいしいカレーが出来ました!


 

発酵して膨らんできたよ〜

生き物みたいでかわいい♪


 

カレーを包みながら、おしりをむにゅむにゅと。

時々欲張ってカレーを入れすぎて、怪我をしたパンが出来ました。

でも気にしない。

 

 

良質なオイルで揚げ焼き風に。

見かけはコロッケみたいだけど、カレーパンなの!


 

お野菜を切っただけとは思えない。。

ケーキみたいなサラダも♪

 

 

先日の柿カフェで改めて思ったこと

 

『身体は自分の食べたものだけで できている』

 

わかってはいたけど、なんだかすごく心にずーんときました。

 

食べること=生きること

本当に大切にしなくちゃと、あらためて思ったのでした。


 

食事の後は、保田扶佐子美術館へ。

津山にこんな美術館あったなんて知らなくて、これまた再発見。

 

気の合う友人との楽しい時間。

本当にありがたいな〜って思う今日この頃です。。♪

「みんな読んだらいいね」

春からフレッシュマンになった娘

満員電車に揺られながら、この記事をラインしてきました。

 

こういうの、いいなって

 

https://toyokeizai.net/articles/-/214196

 

 

 

 

私は、びっくりしてしまいました!

実は同じ記事を前日に読んでいて、涙が止まらなかったからです。

娘も電車で涙が出て困ったみたいです・・・母娘で同じことしてますね(笑)

 

そして、

 

人は誰でも良い心と魂、体の3つを持って生まれてくる。

死によって体が失われてても、良い心と魂は家族に引き継がれる。

だから死は怖くない。

 

私はこの言葉に感動して、ノートに書き写していたのです。

 

 

私が緩和ケア病棟でボランティアをするようになってから、娘とは死生観についてよく話すようになりました。

ごくごく自然に、明るく。

私が読んで良かったと思う本は娘も読んでいます。

だからこうやって同じ記事を読んで、同じように涙が出たんだなって思うと、話をして本当に良かったなと思います。

 

彼女がまだ10代だったころ、死に対して得体の知れない恐怖のようなものがあり、度々悲しんでいました。

親である私も同じように死に対して恐怖があり、何をどう話してやっていいのかもわからずにいました。

怖いから、考えることから逃げていたのです。

 

でも今、色んな方のお話を聞かせて頂いたり、講演に出かけたり、本を読んだりしながら

少しずつ心が楽に、柔らかくなっているのを感じています。

 

まず「話してみる」ということ、そして同じ思いを共有するボランティア仲間の存在も、とても大きなものです。

 

この記事のように、私も家族に伝えられたら幸せだなと思います。

 

すごいいいこと書いてあるから、みんな読んだらいいね、と娘が言ったのでブログに取り上げてみました♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

 

退院しました!

約2ヶ月ぶりのブログ更新になってしまいました。。。

みなさま、お元気にお過ごしでしたか?

 

記事のタイトルの通り退院したのですが、その前に「入院しました、手術しました」が抜けてますね(^_^;)

本当に長い間放置していてごめんなさい。。。

 

そしてその間にお問い合わせ頂いた方、レッスンをお待ち頂いている方、本当に申し訳ありません。

そろそろ日程をアップしていきますので、また個別にお知らせいたします。

今しばらくお待ち下さい。



 

入院のことは、家族とごく一部のお友達にしか話していなかったのですが、やっぱり手術前になると不安で。

 

それを察知した友達が、手作りおやつと入院応援グッズを持って駆けつけてくれました。

とっても心強かったし、嬉しかったです(T_T)

 

 

ほわほわあったか室内ソックスと、大好きなLAURA ASHLEYのタオル

しかもタオルはすぐに使えるよう、洗濯までしてくれているという・・・!!!!

 

なんて優しい心遣いなんだろうって本当に感動しました。


 

病棟から見える朝陽。

 

手術前は給湯室まで歩くのが楽しかったけど、術後はリハビリ状態。

腹腔鏡によるお腹の手術だったので、少し歩くだけでも息があがるし、最初は腰の曲がったおばあさんのように、ゆっくりとしか歩けませんでした。

 

 

術後、念願のパン食!

 

入院直後は薄味過ぎて味を感じなかった食事も、日が経つにつれてすごくおいしく感じました。

身体が喜んでいる感覚。

 

入院中はまともに動けないし、痛みで辛かったりしたのですが、娘がずっとついていてくれて本当に助かりました。

 

 

退院後も、娘の手作りご飯にずーっと甘えておりました♪いつも愛情いっぱいのご飯をありがとう!

 

ここに書ききれないぐらいたくさんのありがとう

 

お見舞いの気持ちを届けてくれた家族、友達

 

身体の中から無くなったものはあるけど

それよりも得たものの方が大きい

 

このありがとうの気持ちをまた何倍にもして返していこう!!って思っています。

 

とりあえずの近況報告でした☆

 

次回は入院時のアロマケアについて書いてみますね♪

 

そろそろ再始動!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

新年を迎えてちょっといいお話を

2018年

明けましておめでとうございます!

そして

2017年

細々書き続けたブログを読み取って下さったみなさま、本当にありがとうございました。

 

戌年なので、我が家の末娘の写真を!

年末大掃除で床にワックスをかけたので、上の娘が滑り止めのソックスを履かせています(笑)

 

 

今年はどんな1年にしましょうか

自分のことを嫌になってしまう時、人生やり直せたら・・・なんて思ったりしますよね。

 

でも大丈夫、今の人生を生きながらやり直すことは出来るそうです。

今日から、今から。

 

私はそんな風に思って毎日新しく生まれ変わっていこうと思っています。

やりたいことはまだぼんやりしてますが、手帳に書き溜めながらじっくり考えるつもりです。

 

---------------------------------

 

さて、前置きが長くなりましたが、新年なのでちょっといいお話を。

 

去年クリスマスの頃、娘の引越し準備で東京へ行きました。

新幹線は長旅なのでどう過ごすか・・・毎回悩みどころなのです。

 

今回は運よくおばあちゃんの隣!おばあちゃん好きなので単純に嬉しい(笑)

 

しばらくすると、ペットボトルの蓋を開けずらそうにしていたので「開けましょうか?」と声をかけ、そこから楽しいおしゃべりが始まりました。

 

息子さんのお見舞いに広島から横浜まで毎週新幹線に乗られているとのこと。

お年は80歳。毎週なんて本当に大変!(しかも日帰り)

急性の疾患だったので、お辛かったですね・・・私も母のことを経験しているからお気持ちわかりますよ・・・

なんて身の上話をしながら時間が過ぎてゆきます。

 

だけど見れば見るほど肌ツヤがいいし、リュックしょって、新幹線降りてからも地下鉄乗り継いで、本当にお元気そのもの!

 

「病院で検査しても悪いところがひとつもなくて、先生にビタミン剤くらい下さいって言ったけど、それもいらないでしょって言われて。友達はみんな大量の薬を飲んでいるけど、私はお薬もまったく必要ないの。今まであそこが痛い、ここが痛いとか思ったこともないのよ。」

 

えぇぇぇぇぇぇ---------!!

 

す、すごい。すごすぎる。。。

 

こうなったらなんでそんなに元気なのか、是非聞かねば。

 

「お元気の秘訣って何だと思われますか?」

 

「そうね〜 クヨクヨ考えないこと!

 

・・・・なるほどね。

一番シンプルで、時に一番難しいやつ。

 

「あと、とにかく出かけてゆくのよ。お隣が美容院なんだけど、その前を通らないと駅まで行けなくて。そこの奥さんに、”今日ここを通るの何回目ですか?”って聞かれるの。多い時は5回ぐらい。笑っちゃうでしょう?」

 

いや、笑うというより

わたし、口が開いてます・・・

 

 

車窓にふと目をやると、なんと綺麗な富士山!

こんなに綺麗な姿を見られたのは本当に数年ぶり。

 

富士山といい、この元気おばあちゃんといい、ほんとうに圧巻。

 

なんだかすごく大切なことを教えてもらった気がして。

たくさんの本を読むより、実践してきた人の言葉を聞くのが一番の教科書。

 

だから、みなさんにもおすそ分けしますね!

このブログを読んだ人だけのラッキーエピソードです*

 

ではでは、今年も幸せ時間をご一緒に♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

1