デイルームで緩和ケア

細々とですが、続けている緩和ケア病棟のボランティア

先日、久しぶりに行かせて頂きました。


 

(写真はオープン予定の古民家サロン駐車場に咲いている梅の花)

 

今回は病室以外に、デイルームでもトリートメントをしました。

ご家族もいらっしゃって、お雛様も綺麗に飾られています。

 

大きな窓に囲まれたお部屋はとても明るく、窓際には見事な桃の花が活けてあります。

柔らかな日差しの中、お花見をしながらのトリートメントになりました。

 

「今日は温泉(お風呂)も入って、こんな天国みたいなことがあって嬉しい」

そう言って、にこにこ笑って下さいます。

 

緩和ボランティアを始めた頃、笑顔になることをためらっていた私。

でも今では患者さんと一緒に、笑ってお話ができるようになりました。

私を笑顔にして下さるのは、他でもない患者さん自身です。

 

セラピストは何もできません。

ただ、そばにいるだけです。

 

その時間が、かけがえのない時になっています。


 

ずっと一緒に頑張っているパートナーのMさん。

緩和のナースでありながらセラピストでもあるMさんは

親友でもあり、人として尊敬できる大切な存在です。

 

私が悩んだとき、迷ったとき、いつもそっと寄り添ってくれます。

 

そんな彼女と一緒だから続けてこられたと、本当に感謝しています。

 

頑張ったふたりのご褒美は、病院近くのパスタ屋さんでおいしいご飯を食べること!

これからも私たちらしく、続けていきたいです*

 

 

緩和ケアも学べます

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*