緩和ケアハンドトリートメント

桜満開の季節ですね!

みなさまはもうお花見されましたか?

 

わたしは改まってお花見というよりは

車窓から・・・とか、わんこの散歩ついで・・・って感じでお花見しました♪

 

この桜もわんこの散歩中に撮影したものです*

 

う〜〜ん かわいい!

 

これほど人を魅了する存在に私もなりたいものです〜〜(^_^;)


 

さて、今日は介護の中で行っているケアについてです。

 

私が行っている緩和ケアのトリートメントは、健康な方へ行う施術とはやはり違います。

とてもソフトで圧はほとんどかけず、もしかしたらオイル塗布に近い感覚かもしれません。

 

母の場合は拘縮がありますので無理は禁物。

でも手浴と組み合わせて緩和ケアトリートメントを行うことで、その拘縮も緩み、本人もとてもリラックスしています。

 

 

トリートメント終了後

「見て♪」と言わんばかりに手を広げ、嬉しそうにしています♪

 

トリートメントを始めると、うっとりとして目を閉じるのですよ。

とってもかわいい(笑)

 

「緩和ケア」というと癌の患者さんを思い浮かべる方も多いと思います。

実際にそういった方にもケアをしますが、痛みに対する心と身体のケア・・・という風に思って頂けたら、必ずしも対象は癌患者さんだけではないとご理解頂けると思います。

心や身体のケアを行うことによってQOL(生活の質)の向上を目指し、その人らしさを大切にするケア=「緩和ケア」と私は理解しています。

 

緩和ケアの場合は、ご本人だけでなくご家族のケアもとても重要です。

私もその意味では当事者ですので、本当にそう感じます。

 

少し突っ込んだことを書くと、緩和ケア病棟へ入院できる方は、癌の方なのですが

癌以外の痛みでも苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいますよね。

母も麻痺から来る痛みです。

ですから、そういう方々にも広い意味で緩和ケアを取り入れて頂けたら、とてもいいのになーと思っています。

 

桜の次は・・・新緑ですかね!

花粉症の方には辛い季節ですが、アロマで乗り切りましょう〜*

 

在宅介護のアロマケア

何だか急に寒くなったので、ついにファンヒーターを出したnacoです。。。

これから段々と寒くなるのでしょうね〜

あぁ〜 寒いの苦手ですー(T_T) ← 毎年言ってます

 

さて、週末は母のケアをしました♪


 

↑こちらがケアキットです☆

 

必要最低限のものですが、バスソルト、クリーム、植物油、精油などです。

訪問の場合はこれ以外にタオルや消毒、キッチンペーパーやテッシュなども必要になります。

続きを読む >>

デイサービスでアロマボランティア

晴天のドライブ日和!

パートナーのMさんと日生までひとっ走り。

デイサービス施設へ、アロマトリートメントのボランティアに伺いました♪

 

せっかく海まで来たのだから、ロケーションのいいところでランチしよう!

とやってきました。

 

KIWI'S cafe

岡山県備前市日生町寒河282−25

 


 

海を見ながらのランチタイム。

オムライスもおいしかったですが、景色もご馳走です〜♪


 

お腹もいっぱいになったところで「デイサービス ほほ笑み」さんへ。

 

古民家でゆったりのんびり。

本当に家族が集うような穏やかな雰囲気です。

 

 

立派なお庭もあり、マユミが色づいていましたよ♪


 


 

こちらでセラピーをされているセラピストのYちゃんとは、福島の方の保養ボランティアで知り合いました。

初めて会った時から意気投合、それが今日まで続いているなんて、とても幸せなことです。

続きを読む >>

介護とアロマセラピーぁヾチ臠対策

 

4回目となる介護とアロマセラピーのワークショップ。今回は乾燥肌の対策として、ナチュラル石けんを作ります。

ワークショップを何回か重ねていく中で「乾燥肌をケアしてあげたい」という声があり、石けんを作ることにしました。
乾燥肌の対策と言えば、やはり肌に塗布するものが多いと思うのですが、石けんを変えるだけでもその効果は期待できます。

石けんは作る過程もとても楽しいもの。
作ること、使うこと、どちらも楽しんで頂けたら嬉しいです。

介護に関わっている方も、そうでない方もみなさまご一緒に*

石けん作りを楽しみましょう〜♪

続きを読む >>

介護とアロマセラピー 認知症ケア

3回目となる介護とアロマセラピーのワークショップ。今回は認知症について取り上げます。

少し前にアロマ研究ノートにも書きましたが、認知症については現在進行を遅らせる薬しかないのが現状です。

まず認知症とはどういう病気なのかを知り、その中でアロマセラピーがどういった役割を持つことが出来るか考えていきます。

心の問題、特に不安状態について精油にスポットを当てながら、今回はプチグレン精油を1本お持ち帰り頂きます。

続きを読む >>
1