学びの旅 〜香川〜

香川大学医学部祭の医療講演会へ行ってきました!

かわいい甥っ子が頑張っているのですよ♪

 

甥っ子にはちょっとしか会えなかったけど、元気そうで何より☆

今度はもっとゆっくり会って、医学部ならではのレアな話を色々聞きたいな〜と思ってます。


 

<写真は屋島にて>

 

せっかくなので、講演会のお話をちょっと。

 

今回お話をして下さったドクターは、あのドラマ「コード・ブルー」の医療監修をされている先生。

救命救急一筋でやってこられた方です。

 

ドクターヘリの普及に尽力されて、その必要性などもお話をして下さいました。

その中で印象に残ったことをいくつか。

 

まず、10代20代の死因の1位が「外傷」であるということ。

にも関わらず、例えば「外傷科」があるわけでもなく、言わば無視され続けてきた疾患であると。

そして救命救急が整っていなかった時代には、病院へ担ぎこまれても、ただ亡くなっていく、、という連続だったそうです。

 

そこで、どうしたらひとつでも多くの命を救うことができるのか

適切な処置を施せば助かると推定される外傷死亡(PTD, preventable trauma deathという)を減らす取り組みが始まったそうです。

 

親としては、子どもの死因が「外傷」であることに、今更ながらに驚いてしまいました。

今まできちんと意識してこなかったなぁと反省、、、。

だって、それは親が防げることがあるかもしれないからです。

 

そしてドクターヘリの一番のメリットは「医師をデリバリーできること」だそうです。

救命救急の現場で診断・治療が出来ること。

リアルな画像も見ましたが、ほんとうに息を呑むような現場でした。

 

個人的にはガッキーや山ピーのお話、どうやってドラマが作られていくか。。。というお話が

すごい面白かったです(笑)

 

 

お勉強のあとはやっぱこれでしょ!うど〜〜ん!

 

そして以前から行きたかった栗林公園へ。

 

ひとことで言えば、松の公園なんですね!知らなかった・・・

後楽園とはまた違った風情がありました♪

 

 

香川も、近いようでなかなか行けないので

今回誘ってくれた妹に感謝!

 

またぷち旅に出かけてゆきたいと思います♪

コメント