褐色細胞腫

【セラピストのみなさまへ】

 

昨夜テレビを見ていて、これはセラピストとして知っておくべきだ病気だ!と感じたので記事にしてみます。

私は不勉強でこの病気の知識が無かったのですが、ご存知の方がいらっしゃったらスルーして下さい。

 

テレビで取り上げた患者さんの主訴は「ずっと右肩が痛い」ということでした。私のサロンでも肩が痛い、腰が痛いと訴えられる方は多いですので、通常コンサルテーションの後問題がなければ、トリートメントという流れになるかと思います。

 

ですが、この「トリートメント」が命取りになる危険性があるのです。

 

褐色細胞腫(副腎に出来る腫瘍)は、腫瘍からカテコールアミンが発作的に大量に放出されることがあり、その結果急激に血圧が上がり心不全の危険性があります。問題は、この発作がどうやって起きるかということです。

 

腹圧がかかるような動作(重いものを持ち上げる、排便など)や、腹部の触診でも誘発されることがあるそうなのです!

テレビの患者さんは、実際に肩たたきでこの発作が起きていました。

触診や肩たたきでも誘発されるのなら、トリートメントは絶対禁忌と言えるのではないでしょうか?

腎臓の位置からして、特に伏臥位の施術や腹部への施術は、想像しただけでも危険だと感じました。

 

また、この方の場合「右肩の痛み」というのもポイントで、腫瘍が右側の副腎にあったために肝臓が刺激され、その関連痛により右肩が痛くなったということなのです。これも安易に「肩こり」とか「五十肩」などと捉えてしまいがちではないでしょうか?

 

そしてもうひとつ怖いのは、発作が起きているような状態ではもちろんトリートメントはしないと思うのですが、発作が起きていない場合、患者さんは通常の生活も出来ていますし、血液中のカテコールアミンも正常値である場合があるそうなのです。

 

ということは、セラピストは見た目にもわからないし、患者さん自身も、どのタイミングで発作が起きるかわからないと思うのです。

 

肩が痛い ⇒ コンサルテーションでも異常がわからなかった ⇒ トリートメント ⇒ 発作

 

という最悪なことも起き得るケースだなと想像しました。。。

 

本来トリートメントは健康な方へリラクゼーションを目的として行われるべきと思います。ですが実際にはこうやって痛みを主訴に来られる方もいらっしゃると思うのです。

ですので、セラピストは本当に注意深くコンサルテーションに時間をかけ、何か不安要素があれば「トリートメントをしない」という選択も、とても重要だと思いました。

 

 

ちょっとドキドキした記事でしたので、ハーブティーでも飲んでリラックスして下さいね♪

セラピストのみなさんに、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 

メディカルアロマもリラクゼーションアロマも

みんなで一緒に学ぼう!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

コメント