「みんな読んだらいいね」

春からフレッシュマンになった娘

満員電車に揺られながら、この記事をラインしてきました。

 

こういうの、いいなって

 

https://toyokeizai.net/articles/-/214196

 

 

 

 

私は、びっくりしてしまいました!

実は同じ記事を前日に読んでいて、涙が止まらなかったからです。

娘も電車で涙が出て困ったみたいです・・・母娘で同じことしてますね(笑)

 

そして、

 

人は誰でも良い心と魂、体の3つを持って生まれてくる。

死によって体が失われてても、良い心と魂は家族に引き継がれる。

だから死は怖くない。

 

私はこの言葉に感動して、ノートに書き写していたのです。

 

 

私が緩和ケア病棟でボランティアをするようになってから、娘とは死生観についてよく話すようになりました。

ごくごく自然に、明るく。

私が読んで良かったと思う本は娘も読んでいます。

だからこうやって同じ記事を読んで、同じように涙が出たんだなって思うと、話をして本当に良かったなと思います。

 

彼女がまだ10代だったころ、死に対して得体の知れない恐怖のようなものがあり、度々悲しんでいました。

親である私も同じように死に対して恐怖があり、何をどう話してやっていいのかもわからずにいました。

怖いから、考えることから逃げていたのです。

 

でも今、色んな方のお話を聞かせて頂いたり、講演に出かけたり、本を読んだりしながら

少しずつ心が楽に、柔らかくなっているのを感じています。

 

まず「話してみる」ということ、そして同じ思いを共有するボランティア仲間の存在も、とても大きなものです。

 

この記事のように、私も家族に伝えられたら幸せだなと思います。

 

すごいいいこと書いてあるから、みんな読んだらいいね、と娘が言ったのでブログに取り上げてみました♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

 

コメント