緩和ケアハンドトリートメント

桜満開の季節ですね!

みなさまはもうお花見されましたか?

 

わたしは改まってお花見というよりは

車窓から・・・とか、わんこの散歩ついで・・・って感じでお花見しました♪

 

この桜もわんこの散歩中に撮影したものです*

 

う〜〜ん かわいい!

 

これほど人を魅了する存在に私もなりたいものです〜〜(^_^;)


 

さて、今日は介護の中で行っているケアについてです。

 

私が行っている緩和ケアのトリートメントは、健康な方へ行う施術とはやはり違います。

とてもソフトで圧はほとんどかけず、もしかしたらオイル塗布に近い感覚かもしれません。

 

母の場合は拘縮がありますので無理は禁物。

でも手浴と組み合わせて緩和ケアトリートメントを行うことで、その拘縮も緩み、本人もとてもリラックスしています。

 

 

トリートメント終了後

「見て♪」と言わんばかりに手を広げ、嬉しそうにしています♪

 

トリートメントを始めると、うっとりとして目を閉じるのですよ。

とってもかわいい(笑)

 

「緩和ケア」というと癌の患者さんを思い浮かべる方も多いと思います。

実際にそういった方にもケアをしますが、痛みに対する心と身体のケア・・・という風に思って頂けたら、必ずしも対象は癌患者さんだけではないとご理解頂けると思います。

心や身体のケアを行うことによってQOL(生活の質)の向上を目指し、その人らしさを大切にするケア=「緩和ケア」と私は理解しています。

 

緩和ケアの場合は、ご本人だけでなくご家族のケアもとても重要です。

私もその意味では当事者ですので、本当にそう感じます。

 

少し突っ込んだことを書くと、緩和ケア病棟へ入院できる方は、癌の方なのですが

癌以外の痛みでも苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいますよね。

母も麻痺から来る痛みです。

ですから、そういう方々にも広い意味で緩和ケアを取り入れて頂けたら、とてもいいのになーと思っています。

 

桜の次は・・・新緑ですかね!

花粉症の方には辛い季節ですが、アロマで乗り切りましょう〜*

 

AEAJ専科資格 アロマハンドセラピスト資格対応コース


 

AEAJ専科資格 アロマハンドセラピスト資格対応コース



アロマルームナチュレはAEAJの認定教室です。
アロマハンドセラピスト資格対応コースを随時プライベート開講しています。

(AEAJの認定期間は年に4回ですが、カリキュラムは1年を通してプライベート開講)

【アロマハンドセラピストとは】 

http://www.aromakankyo.or.jp/licences/hand-therapist/ 

安全にアロマテラピーを行うための知識を持ち、第三者にアロマハンドトリートメントを提供できる能力を認定する資格です。身の周りの方をはじめ、ボランティアや地域活動などにおいて、第三者にアロマハンドトリートメントを実践するのに適しています。※AEAJホームページより

 

◆ アロマハンドセラピスト認定日スケジュール


【第3期】 受付期間:2017年4月15日〜30日
【第4期】 受付期間:2017年7月15日〜31日
※受付期間中にAEAJに対して、専科履修証明書の提出と登録認定料の支払が必要です

 

◆ アロマルームナチュレ アロマハンドセラピスト資格対応コース


▮ レッスン時間
5時間

▮ 内容
● アロマハンドトリートメントとは
● アロマハンドセラピストのための解剖生理学
● アロマハンドトリートメントの準備と確認事項
● アロマハンドトリートメントの手技と手順
● アロマハンドセラピストの活動領域

▮ 受講料
¥16,200(税込、材料費、公式テキスト込)
※事前のお振込みをお願いしています

▮ 持ち物など
● バスタオル1枚、フェイシャルタオル2枚
● 爪のお手入れをお願いします
● 腕の出しやすい服装でお願いします

▮ お申込み・お問い合わせ 

http://aronatu.com/strawberry1/

ナチュラルケアセラピスト 4月期生募集中!


 

ナチュラルケアセラピスト養成講座

この講座は心と体への「癒し」を必要とするすべての人へのケアメソッドを学びます。

 

現在カルテを取っている生徒さんに向けて、実技復習会を行いました。

 

フェイシャルトリートメントの実技レッスンは、単科でも人気があるのですが

この養成講座でもしっかりと習得したいという声が多い実技です。

 

パートナーの方と一緒に「セラピストとクライアント」になって練習をするのですが

生徒さんには

 

クライアントとして施術を受けている間が、とても勉強になる

 

とよく言われます。

 

眠気との闘いであるのは事実ですが(笑)

施術を受けながら講師の言葉を聞いて、頭の中に入っている実技をイメージすることは

より理解を深める助けになるようです。

 

実技を習得するためには、一方的な練習ではなく

実技を受けてみることが大切

 

ってことですね!

 

現在4月開講の生徒さんを募集中です♪

この機会に是非、アロマケアを学んで下さいね☆

 

介護が必要なお年寄りの方だけでなく、子どもさんにも応用できる、ケアメソッドです。

 

少人数クラスですので、リクエストに応じた内容も可能です。

お気軽にお問合せ下さい^^

 

http://aronatu.com/strawberry1/

AEAJ認定スクール開催 アロマテラピーアドバイザー認定講習会

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習会



・アロマテラピーアドバイザーについて
・アロマテラピー関連法規
・公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)について

▮ 日時
4月16日(日) 9:00〜12:00
◆受講対象者 : アロマテラピー検定1級に既に合格されている方

▮ 受講料
5,140円(税込、テキスト代含)事前にお振込をお願いします。

アロマテラピーアドバイザー認定講習会履修証明書は、年間4回(4月、7月、10月、1月)締切です。
この講習会を受けて頂くと、76期の締切 ⇒ 4月26日に間に合います。
証明写真をご準備頂いておくと、手続きがスムーズです。

◆AEAJの詳細についてはこちらをご覧下さい。http://www.aromakankyo.or.jp/licences/adviser/entry/school/ 

 

▮ お問合せ

http://aronatu.com/strawberry1/

金属アレルギー パッチテスト

 

今日はおもしろいイラストからブログをスタートしたいと思います!

・・・とは言っても何のこと??と思われるでしょうね〜(^_^;)

 

実は私、娘と一緒に金属アレルギーのパッチテストを受けたのです。

きっかけは、私は歯科とアクセサリー、娘は工房で金属を加工してジュエリーを作っているのですが、二人とも自覚症状があったからです。

 

いつも授業で「お肌の弱い方はパッチテストしましょうね」なんて簡単に言っていましたが(だって教科書にそう書いてありますし〜)いやいや、パッチテストってすごく大変でした(T_T)

そこで、今日はその地獄の?パッチテストについて書いてみようと思います。。。

 

金属アレルギーの場合は、試薬を含ませたシートを背中にべったりと貼り付けます。

そして2日後(48時間後)に1回目の判定。この時にシートを剥がします。

さらに3日後に2回目の判定、最終的には1週間後に最後となる3回目の判定をします。

 

この間、基本的にお風呂はNG。なぜなら、試薬のシートを剥がした後、背中に油性ペンで番号などを書いているし、お風呂で温まると痒みが強くなるからです。

 

・・・そうです。

この検査の地獄は・・・

 

痒みとの闘いなのですっ!!!!!

 

もともとアレルギーがあることは承知していたので、娘と「負け戦に行こうぞ」と覚悟はしていたのですが

いやー、痒いのなんの。

 

その様子を娘が私の手帳に落書きしたのが、上のイラストってわけです。

まさにスーパーカユミ!笑

19種類の試薬で、反応があった場所は赤く腫れて強烈に痒かったです。

 

私は予想以上にたくさんの金属に反応したので、ちょっとびっくりでしたが、自分を知るという意味ではとても良かったのかなと思います。

アクセサリー、歯科、食品、化粧品、シャンプーや石鹸などなど。

たくさんのものに金属(鉱物)は含まれています。

私は石鹸も作りますので、やはり色材(酸化鉄、水酸化クロム、ウルトラマリン)などの鉱物は避けなければなりませんね。

 

メリットとしては、歯科の金属がNGであれば、保険適用で白い詰め物をすることも可能です。

またデメリットとしては、この検査をすることにより今まで大丈夫だった物質に対して感作が起きる場合もあります。

 

金属アレルギーの自覚はアクセサリーでよくわかると思うのですが、気になる方は是非一度検査を受けてみて下さいね。

大変ですけど、自分を守るための手段でもあります。

 

お目治しの写真は・・・

ふきのとうの寄せ植え♪

 

春らしくて、とっても素敵です♪