手作りドライフラワー

前回アップしたガーデンのお花たち。

ドライにしたらこんな感じに!


 

パンジーは半分くらいの大きさくらいまで小さくなるけど

ドライにさせるとクシュクシュとした花びらが、とってもかわいいのです!

 

香りをつけてドライポプリを作りましたよ☆

 

お花たちに感謝しながら、少しずつ手で摘んでいく作業も癒しの時間です♪



 

ガーデンの切花でドライに向くものは、こうしてフレッシュのまま吊るしておいて

ドライになっていく過程を眺めるのも楽しみのひとつ。

 

形や色がどんな風に変化していくのかな〜ってわくわくします♪

 

 

吊るしておいた花たちがいい感じにドライになりました。

 

フレッシュな香りはもちろん好きだけど

この乾いた香りも何とも言えず心地よくて大好き!

 

ドライフラワーの部屋に入ると毎回深呼吸してしまいます(笑)

 

 

ドライにした花たちを束ねて、色んな場所に飾ります。

こんな風に横向きに飾っても素敵なんですよ♪

 

自家製だからお花屋さんのようにゴージャスなものは作れないけど

ちょっとずつ束ねて贈り物に添えると、とっても喜ばれます^^

 

植物たちの恵みに感謝する毎日です☆

 

 

植物と暮らそう

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

2018年レッスン予定

詳細は随時アップします!

 

7月29日◆ハーブクラフト ポプリ

8月19日◆アロマセラピーベーシック講座

9月8・9日◆アロマテラピー検定対応コース

10月◆手ごね石けん

11月◆ハンドトリートメント講座

12月◆クリスマスクラフト

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

お問い合わせはこちら

http://aronatu.com/strawberry1/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

春の庭

2ヶ月ご無沙汰のうちに、庭の景色もずいぶんと変わりました。

薔薇は一番花が終わり、今は雨の似合う紫陽花が綺麗に咲いています。

 

ということで少し前の写真にはなりますが、春のお庭の様子を少し♪


 

秋に植えていたパンジーが、ずっと長く咲いてくれました♪

毎年秋に植えますが、雪にも負けずほんとにすごいな〜と、その生命力に感動します。


 

春は色とりどりの花が咲くので、せっかくだから今年はポプリにしようと思って

たくさん収穫しました。

お花を並べたら、すご〜〜くかわいい!!


 

モッコウバラ、今年も見事に咲いてくれました。

でも初めて毛虫が大量発生して、泣く泣く退治しましたよ〜

農薬には頼りたくないけど、やっぱりオルトランは必須かもしれません。

 

 

薔薇はたくさん種類があるのですが、この写真は偶然にも6種類写ってます♪

わかるかな〜?

紫のバラ ターンブルーがとっても綺麗!

 

この2ヶ月間はいつにも増して、植物達が心の拠り所でした。

やっぱり最高の癒しですね☆

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

在宅介護の厳しさ

みなさま、本当にお久しぶりです。

気がつけば2ヶ月もブログをストップしていました。。。

 

 

実は4月の初旬に母がショートステイ先で骨折をするという事故があって

その後の対応に追われていたというか・・・

正直に書くと、心のゆとりが全然ありませんでした。

ご心配をおかけして申し訳ありません。

今は母もまた在宅介護へ戻り、私も日常を取り戻しています。

 

事故の詳細をここへ書くと、思い出すだけで嫌な気持ちになるのでやめておきますが

仮に事故は仕方がなかったとしても、その後の施設側の対応は本当に酷いものでした。

 

岡山市内の大きな病院が運営する施設(社会福祉法人)です。

 

在宅介護を始めて14年ですが、在宅中に家族によって事故をしたことは一度もありません。

骨折はもってのほか、打ち身さえつけたことはありません。

 

でも母は今回が3回目の事故。

それぞれ違う施設で、ショートやデイで起こったことです。

 

その度に私たち家族はどん底の気持ちを味わい、世の中の介護に絶望し

また一から在宅での介護を立て直してきました。

 

もし、介護施設関係の方がこの記事を見ていたら伝えたいことがあります。

 

絶対に嘘をつかないで、正直でいて下さい。

施設に来ている人はみんな、誰かの大切な人です。

今、目の前にいる人は最初から介護が必要だったわけではありません。

まして、望んで今の姿になったわけではありません。

あなたと同じように若い時があり、それぞれの人生があって、今があります。

「もし自分だったら、自分の家族だったら、親友だったら」と想像力を働かせて下さい。

その上で自分の頭で考え、心に問い、行動して下さい。

 

無駄なんだろうな、と思いながら書くこの気持ちはきっとわからないと思います。

 

後味の悪い記事になってしまってごめんなさい。

また前を向いて頑張っていきますね♪

「みんな読んだらいいね」

春からフレッシュマンになった娘

満員電車に揺られながら、この記事をラインしてきました。

 

こういうの、いいなって

 

https://toyokeizai.net/articles/-/214196

 

 

 

 

私は、びっくりしてしまいました!

実は同じ記事を前日に読んでいて、涙が止まらなかったからです。

娘も電車で涙が出て困ったみたいです・・・母娘で同じことしてますね(笑)

 

そして、

 

人は誰でも良い心と魂、体の3つを持って生まれてくる。

死によって体が失われてても、良い心と魂は家族に引き継がれる。

だから死は怖くない。

 

私はこの言葉に感動して、ノートに書き写していたのです。

 

 

私が緩和ケア病棟でボランティアをするようになってから、娘とは死生観についてよく話すようになりました。

ごくごく自然に、明るく。

私が読んで良かったと思う本は娘も読んでいます。

だからこうやって同じ記事を読んで、同じように涙が出たんだなって思うと、話をして本当に良かったなと思います。

 

彼女がまだ10代だったころ、死に対して得体の知れない恐怖のようなものがあり、度々悲しんでいました。

親である私も同じように死に対して恐怖があり、何をどう話してやっていいのかもわからずにいました。

怖いから、考えることから逃げていたのです。

 

でも今、色んな方のお話を聞かせて頂いたり、講演に出かけたり、本を読んだりしながら

少しずつ心が楽に、柔らかくなっているのを感じています。

 

まず「話してみる」ということ、そして同じ思いを共有するボランティア仲間の存在も、とても大きなものです。

 

この記事のように、私も家族に伝えられたら幸せだなと思います。

 

すごいいいこと書いてあるから、みんな読んだらいいね、と娘が言ったのでブログに取り上げてみました♪

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com

 

笑うと幸せ

先日、リンパの基礎知識のレッスンを行いました。

http://blog.aronatu.com/?eid=89

 

このレッスンは、特に対象者がいたわけではないのですが、がん経験者の方はリンパ浮腫の問題を抱えていらっしゃる方が多いので、参加費無料で来て頂きましたよ♪

 

手土産にこんな素敵なグリーンを頂いて!ありがとうございます*

とっても癒されます〜♪大切に育てますね!

 

がん患者さんに行うリンパドレナージは医療従事者で教育を受けた人のみ行えるのですが、リンパの仕組を知ることで、今後もしケアが必要になった時にも、この知識がきっと役に立つと思います☆


 

リンパドレナージは、マッサージでもトリートメントでもなく、リンパを正常に排出させるために行うものです。

表在リンパ(皮膚の下、筋肉の上)はその7〜8割をドレナージによって排出できると言われています。

リンパの始まりである末端部分を潰さないように、ソフトに時間をかけて行いますので、なかなか根気の要る作業です。

 

ですので「リンパを流しますね〜」といって、グイグイギュウギュウやるのは・・・う〜〜ん、です(^_^;)


 

参加者の方がイチゴのシフォンケーキを手作りしてきて下さいました!!

おいしすぎて、ほっぺた落ちちゃいました。

 

もうすぐ入院という方がいらっしゃったので、エールを込めて、愛いっぱいのお味でした(ToT)

本当にありがとうございます☆

 

がんサロンとまではいかないですが、こうして時々集まって和やかな時間を過ごす。。。

それが何よりの治療かもしれませんね♪

 

また楽しい会を企画したいと思います^^

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
アロマルームナチュレ
http://aronatu.com